スポンサー広告 --.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お出掛け 2011.05.21 (土)
松島は沖合に点在する大小様々な島のお蔭で
大津波には襲われなかったので観光船や
数件のお土産屋さん、食堂、旅館、ホテル
そして水族館が営業を再開してるが
GW後は又客足が鈍っていると言うリポートを
ワイドショーでを見ながら友人と電話で話していたら
「松島行って来ようか??」と。
私達のお出掛けはいつも突然行き当たりばったり・・・

「それじゃ被災地は夏服がとにかく足りないって言ってたから
積めるだけ積んで行こう」と・・・まあ駄目なら後で送ればいいし。
準備に手間取り結局夕方出発 
栃木県も北側に入った頃から東北道が少しずつダメージ
福島県に入るとそれはもっと酷くなり橋の部分が陥没してたり
脇の防音璧が崩れてたり、ガードレールは本来真っ直ぐなのに
うねうねしてるのが良く分かる。
ハンドルを握ってると路面のうねりが直に伝わって来る。

福島市内で一泊し翌朝北上。
東北道から分かれ三陸自動車道に入って直ぐ景色が一変した。
TVでは見ていたけど畑の中に無数の瓦礫や車。
海からは相当離れていると思う。

松島に到着。
遊覧船が停まっていてぱっと見るとそこは全く被害がなかったのかと思える
別の世界の様だった。

DSCN0218_convert_20150829132301.jpg


DSCN0219_convert_20150829132315.jpg


でも良く見ると内側にひしゃげた店舗のシャッター
割れた店舗のガラス。
閉店している店舗がほとんど・・・

食堂で美味しい海鮮を食べお土産屋さんも大歓迎してくれて
「本当に来てくれるだけで有難い」と何度も言われました。

TV中継で見た必死に店舗再開に向け頑張っていたお土産屋さん
とても元気なご主人でした。

その後マリンピア松島水族館へ
停電でポンプやヒーターが停止したのに良くここまで維持出来たな~
ビーバーさんや一部は可哀想な事になりましたが・・・
すたっふさんの必死の努力とマリンピアの仲間達の生命力ですね。

DSCN0222_convert_20150829132329.jpg


TVで海水や泥に浸かった機材を洗っては乾かしてを繰り返して
いち早く営業にこぎつけた場面をみていたので尚更感動でした。

アシカのショー大爆笑で見て来ました。

DSCN0224_convert_20150829132705.jpg

DSCN0225_convert_20150829132357.jpg


ここでもパワーをもらった気がします。

もっと松島で時間を過ごしたかったのですが
夜には帰宅しなければならないので
そうもいかず駐車場へ戻りました。
駐車場のおばあちゃんがお茶を入れてくれました。
「私達夏服とかとりあえず積んで来たんですけど
直接避難所へは失礼なので誰かお知り合い居ますか?
もし居なければ一度持ち帰って受け入れしてる所に
送ろうと思ってますが・・・」と聞いてみたら
隣の東松島市に居る知人に電話をしてくれました。
「持って来てもらえるのなら有り難い」との返事を頂き
東松島市に向かう事になりました。
おばあちゃんが「また来てな」と
車がカーブを曲がるまで手を振って見送ってくれました。

海沿いの道路を進み「ここは山側で高台だよね」と言いながら
いくらも走らず坂を下り切った途端・・・
今までとは全く違う光景を目の当たりにしました。
右も左も平屋は一軒もなく
残っている二階建ての一階部分はほぼ壊滅・・・
家に刺さった漁船や車。
それはもう言葉が出ませんでした。
良く分からないが何キロかは内陸に入っている場所だと思う。
だって右側を見ても全く海は見えない。

ナビのセットはしたけど何も目標物が残ってないので
心配してくれて道路まで出て待っていてくれました。
奥さんと娘さんも一緒でした。
「家はほぼ全壊だけど命が有っただけでも」と笑っていましたが
かえってこっちが泣いてしまって本当に申し訳なかったです。

娘さんが「石巻に居る友達に貰った夏服を届けたい。
帰りは何とかなると思うので石巻まで乗せてって貰えないか」と言うので
お父さんお母さんと「体に気を付けて下さいね」と握手して別れました。
ここでも「有難うございました」と何度も言われて・・・

娘さんと共に石巻に向かいました。

北上するにつれ益々の酷さ・・・
TVで見てはいたけど想像を絶する惨状でした。
2ヶ月以上たっているのに・・・

車の中では娘さんはとても明るく笑いながら
彼氏とは喧嘩ばっかりとか色々話してくれました。
保育士さんを目指してるそうです。


到着して娘さんが車から降りた時
突然私達に抱きついて来て泣き出しました。
背中を撫でながら抱きしめるしか出来なかった。
最後に「有難う」って・・・
みんなが尋常じゃない我慢をしているんだなと思った瞬間でした。

たった二時間弱だったけど何だか自分の娘の様に思えて
メールアドレスを交換し「また会おうね」と指切りしました。



往復1000キロちょっとを夕方出発し翌日の夜には帰宅と
かなりの強行軍だったけど少しは貢献できたかな~
自己満足かもしれないけど・・・

数年後にまた訪ねてみたいです。


夏服特に若い女性用、ブラジャーが足りてないようです。
カップ付のキャミソールが重宝しているそうなので
もしこれからどこかを通じて支援物資を送る方が居たら
参考にして下さいませ。


早速お礼のメールがありました。
とっても嬉しかったです^^
関連記事
Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。